メガカイロスは強い

いろいろ趣味について書く ツイッター→@ptrst102

【ポケモンSM/WCSルール/アローラダブル】オドリドリフェローチェガブリアス【瞬間最高6位、レート1949】


f:id:ptrst:20161227140228p:plainf:id:ptrst:20161227140222p:plainf:id:ptrst:20161227140216p:plain
f:id:ptrst:20161227140232p:plainf:id:ptrst:20161227140239p:plainf:id:ptrst:20161227140244p:plain

2016年最後の更新。踊ってる場合じゃ!


ポケモン 技1 技2 技3 技4 特性 持ち物
フェローチェ むしのさざめき きあいだま れいとうビーム ちょうのまい ビーストブースト きあいのタスキ
オドリドリ(ぱちぱちスタイル) めざめるダン ぼうふう おいかぜ まもる おどりこ ヒコウZ
ガブリアス じしん ほえる みがわり まもる すながくれ ジメンZ
カプ・テテフ サイコキネシス ムーンフォース マジカルシャイン 10まんボルト サイコメイカー こだわりスカーフ
アローラベトベトン はたきおとす どくづき かげうち まもる くいしんぼう フィラのみ
コータス ふんか ねっぷう オーバーヒート まもる ひでり ひのたまプレート


基本的な動き

とにかく上から殴って殴って殴る構築です☆

1ターン目

f:id:ptrst:20161227140228p:plainf:id:ptrst:20161227143655j:plain:w100
f:id:ptrst:20161227140222p:plainf:id:ptrst:20161227143703j:plain:w100

オドリドリはまもりながら、フェローチェでちょうのまいをします。特性のおどりこにより、オドリドリも便乗してちょうのまいをします。この段階で95割方フェローチェが死にます。

2ターン目

f:id:ptrst:20161227140222p:plainf:id:ptrst:20161227140216p:plain

死に出ししたガブリアスとオドリドリが並びますが、ここでこのルールでメジャーなポケモンを見てみましょう。

【重要】レーティングバトル「シーズン1」のポケモンランキングについて|ポケモングローバルリンク

1.ガラガラ 2.カプ・コケコ 3.カプ・テテフ 4.ガブリアス 5.テッカグヤ
6.ギャラドス 7.ポリゴン2 8.カプ・ブルル 9.ヤレユータン 10.ウインディ

なんということでしょう。地震の通らないテッカグヤ、ギャラドス、カプ・ブルルは、オドリドリで攻撃すれば死んでしまうのです。よって、環境に存在する大半の並びは、能力値の上昇したオドリドリ+ガブリアスを受けることができません。フェローチェは踊っただけで死んでしまったというのに、なぜか盤面が有利になっています。序盤は捨ててるのに中盤の盤面が超強くなるあたり、疾走ビショップっぽいですね。

終盤

f:id:ptrst:20161227140232p:plainf:id:ptrst:20161227140239p:plainf:id:ptrst:20161227140244p:plain

やたら数値の高いこいつらが1~2体ほどぶっ倒して〆ます

個別解説

フェローチェ

f:id:ptrst:20161227140228p:plain
おくびょう C252 S252 D4

オドリドリの最高にして最強のサポーター。
最速にした事で、兎に角すばやさがキモく、襷込みで一回は行動できるため、オドリドリとのコンボは9割成功する。ねこだまし持ちが少ないのもありがたい限り。
実際にはちょうのまいコンボは読まれがちなため、ガブリアスワルビアルなどが突っ張ってくる。そのため初手で一体倒して爆アドを取ることも多い。
オドリドリを出さない時も襷を盾にした超高速アタッカーとしてそれなりに活躍する。

オドリドリ

f:id:ptrst:20161227140222p:plain
ひかえめ C252 S252 H4
S:最速バイバニラ抜き

以前は耐久にガッツリ振った個体を使用していたが、空前のバイバニラブームに合わせてSぶっぱ。
ちょうのまいを積んだ状態での火力は非常に高く、+1Zぼうふうでガブリアスウインディ、カプ・テテフなど等倍相手は全部死ぬ。+1めざめるダンスもガブリアスのじしんやカプ・テテフのマジカルシャインと合わせれば大体死ぬ。
サイクルを回す構築ではないため、初手に出てきて荒らし回ることが多い。また、ガブリアスのじしんを透かすために後発に置くことも多め。

ガブリアス

f:id:ptrst:20161227140216p:plain
ようき A252 S252 D4

じしんの通りが良すぎる、じしんが通らない相手はオドリドリで殴れば死ぬため、じしん以外のウェポンは不要。
ジメンZはワイドガードのケア用。2Z選出をすることになりがちだが、正直持ち物なしでも強すぎるためそこまで気にならない。むしろ相手に合わせてZ技を選んで切っていけるので動かしやすい。
対面系で殴り合っていく構築はトリックルームが無理すぎるためほえる。イーブイバトンにも効く。ミミッキュはばけのかわ剥がしてZじしんでええやろwエーフィ重く見よう!という発想ならドラゴンテールでも良い。
また、さめはだは殆ど機能せず、無くても突破力は十分にある。最近増えてきたギガイアス+ウツロイド+テッカグヤのような重い並びに対して運ゲーに持ち込めるようにすながくれにした。
みがわりはすながくれとのシナジー、おいかぜ最終ターン両守るを分からせる、ウインディのおにび対策。ドラゴンクロー、いわなだれ、どくづき、ほのおのキバでも良い。

カプ・テテフ

f:id:ptrst:20161227140232p:plain
おくびょう C252 S252 B4

雑に殴っていける駒兼フィールドを奪う要員兼ねこだまし対策。
ガブリアスとオドリドリで倒せなかった相手を上から轢き殺すのが仕事。
オドリドリが死亡した場合のギャラドスのストッパーも兼ねる。

アローラベトベトン

f:id:ptrst:20161227140239p:plain
いじっぱり H252 A252 S4

数値がとても高い。ただし、素早さが低いためこのポケモンを出す試合は大体負けである。
キュウコン入り、ポリゴン2入り、ウツロイド入りには出してもいいかもしれないなー程度。信用不可能なので基本出さない。

コータス

f:id:ptrst:20161227140244p:plain
CDコータス【アローラダブル】 - メガカイロスは強い

キュウコン入りへの殺意。オーロラベール読みで投げる。
ただし、素早さが低いためこのポケモンを出す試合は大体負けである。このルールのビートダウンは上から殴ることを徹底すべき。
信用不可能なので基本出さない。

基本選出

初手オドリドリ/フェローチェ
後発ガブリアス/カプ・テテフ

全部これで勝てると思う。色んな選出パターンを試したけどこれ以外の出し方は弱い。

戦績


TNパチリストがぼく。ヒャッハー!1ページ目だぜ!

感想

オドリドリ可愛い〜😍というマイオナ思考で組んだ構築。特に今はカプ・レヒレとかいうオドリドリの餌が増殖しているため、レートが上がる上がる
ただし、ぼうふう及びきあいだまといった命中不安定技を押さないといけない構築なので勝率自体は6割程度に落ち着いた。そのため、ジャパンカップで使うのは厳しいと思った。ただ、ぼうふうはZで補えるし、きあいだまは押す前にフェローチェが死ぬので、半分くらいの相手には低命中率技を押さずに勝てる。正直毎試合だくりゅう押してる眼鏡レヒレよりはマシだと思う。